エキゾチックな踊り300人魅了 多気町民文化会館 松阪のダンス教室公演 三重

【ベリーダンスを披露する練習生ら=多気町相可の多気町民文化会館で】

【松阪】三重県松阪市のダンス教室「アレグリア」(藤村麻里代表)の練習生の発表会「期末公演」が28日、多気町相可の多気町民文化会館であった。観客約300人がベリーダンスやサルサなどエキゾチックなダンスを魅了した。

教室には、市内外の主婦や会社員など女性22人がキューバ生まれで同市在住のプロダンサー、マイリン・モンテスさんからダンスを学んでいる。「追悼」と題した公演では、練習生のほか、マイリンさんもダンスを披露した。

30代の女性は「体全体でしなやかさと激しさを表すダンスが素晴らしかった。衣裳もきらびやかで楽しませてもらった」と話していた。藤村代表(53)は「練習生はこの日のために1年間練習してきた。また、来年も開催出来るよう頑張ります」とステージ袖で見守っていた。