松名瀬干潟の環境保全へ 産官学民一体で学習と清掃活動

【海岸を清掃する参加者=松阪市松名瀬町の松名瀬海岸で】

トヨタ自動車と連携した環境保全イベント「トヨタソーシャルフェス」(三重大学地域ECOシステム研究センター、同大学ISO学生委員会、三重中学・三重高校主催)が27日、三重県松阪市松名瀬町の松名瀬干潟・海岸で行われ、約150人が環境学習と清掃活動に励んだ。

同フェスは、次世代に大切な自然をつなげ、地域を好きになってもらおうと、全国各地で行っている一般参加型の環境保全・保護活動。県では伊勢新聞が共催している。

朴惠淑同センター長は「経済発展をしながら、環境とのバランスをとらないといけない時代」だとし、同イベントでは「目の前のできることを着実に、さまざまな年代、産官学民一体となり行っている。続けていくことで輪が大きくなり、若い人を育てることにもつながる。みんなでがんばりましょう」と呼び掛けた。参加者は同フェスの水色の上着を着用し、海岸のごみなどを拾い集めた。

また、私立三重中学・高校の学生らが貝の水質浄化作用の実験をしたほか、松名瀬干潟の特徴を説明。干潟に生息する準絶滅危惧種の貝「ウミニナ」やハマガニなどの生物を観察し、豊かな生態系が築かれていることを参加者に伝えた。