ミッキー、伊勢赤十字に 入院の子どもら訪問 触れ合い、楽しいひと時 三重

【子どもらと触れ合うミッキーマウスと福本さん(右)=伊勢市の伊勢赤十字病院で】

【伊勢】東京ディズニーリゾート親善大使の福本望さん(27)とミッキーマウス、ミニーマウスが26日、三重県伊勢市の伊勢赤十字病院を訪れ、入院や長期通院中の子どもらと触れ合い、楽しいひと時を過ごした。

乳幼児から小学生の小児科の患者30人が参加。ミッキーとミニーが登場すると、子どもたちは体を弾ませるようにして喜んだ。ミッキーたちは「イッツ・ア・スモールワールド」の曲に合わせダンスを披露。また子どもら一人一人と握手をしたり、鼻と鼻をつけ合うなどして交流した。

ミッキーが大好きでこの日を楽しみにしていた鳥羽市答志小1年の勢力龍君(7つ)は「楽しい。とっても楽しい」と興奮した様子で話した。

東京ディズニーリゾートは、重度障害や病気療養などで来園できない人たちに夢を届けるため、昭和58年から全国の病院などへの訪問を続けている。