四日市でコンビニ強盗未遂 店員の大声に男逃走 三重

【防犯カメラに写った容疑者とみられる男(三重県警提供)】

【四日市】23日午前4時15分ごろ、三重県四日市市八田一丁目のセブンイレブン四日市八田一丁目店に客を装った男が侵入し、刃物を手に男性店員に現金を要求。店員が大声を上げると何もとらずに逃走した。四日市北署は強盗未遂事件として店の防犯カメラの画像を公開し、情報提供を求めている。

同署によると、男は店に入ると商品を手にレジカウンターに近付き、男性店員にナイフのような刃物(刃渡り約15センチ)を突きつけ、「金を出せ、金を出せ」と要求。店員が大声を上げて助けを求めるとその場を立ち去ったという。当時店内には男性店員を含め2人の店員がいたが客はおらず、店員にけがはなかった。

男は年齢40代くらいとみられ、身長170センチくらいの中肉。白のジャンパーにジーンズ、黒っぽいニット帽とオレンジ色の手袋を着用。メガネをつけ、マスクで顔を隠していた。情報提供は同署=電話059(366)0110=へ。