ゴスペルで津と東京つなぐ 三重テラス「つデイ」に200人

【ゴスペルライブで盛り上がるつデイ=東京都中央区日本橋の三重テラスで】

三重県津市の文化や観光などの魅力を発信する「つデイ」がこのほど、東京・日本橋の三重テラスで開かれ約200人が来場した。「津×東京をつなぐゴスペルライブ」と題して、津市で立ち上げられたグループ「サニーサイドゴスペルクラブ三重」と東京で活動している同クラブ新宿の2クラブが、津市ゆかりのゴスペルディレクター小西生峰さんと長田雄大さんとともに、ゴスペルライブを昼、夜の2部構成で行い会場を盛り上げた。また、同市のPRとして会場内では同市で焙煎されたコーヒーと地ビールをお菓子のセットで販売しゴスペルと共に楽しませていた。

新宿区から来ていた40代の女性は、「初めてゴスペルを生で見ました。途中で高田本山の話も聞け、行ってみたくなった。」と語った。

小西さんと長田さんは、「平日にも関わらずたくさんの人に集まってもらい感動している。津と東京が一つにつながった。」と語った。