「関船」勇壮に練る 紀北町・引本神社で例大祭 豊漁、海上安全を祈願 三重

【関船を担ぎ、引本浦地区を練り歩く男衆=紀北町で】

【北牟婁郡】三重県紀北町引本浦で21日、豊漁と海上安全を祈願する引本神社の例大祭「関船祭り」があった。

200年以上前から伝承されている伝統行事で、「八幡祭」とも呼ばれる。白装束に身を包んだ男衆約30人が太鼓やほら貝の音色に合わせ、氏子総代2人と唄子7人を乗せた全長8・1メートル、総重量1トン超の関船「八幡丸」を担いで、同地区を練り歩いた。

同神社の森本巌宮司(71)は「今年は台風が多くて神社も被害に遭ったが、無事に祭りが開催できてよかった」と話していた。