カワウソゥ選挙「きらり」と「ひらり」が1位 父に続き、伊勢シーパラ2連覇

【小野田さん(左)らと一緒に記念撮影する「きらり」(右)と「ひらり」=伊勢市二見町江の伊勢シーパラダイスで】

【伊勢】全国の動物園や水族館で飼育されているカワウソの人気ナンバー1を決める「第2回カワウソゥ選挙」で、伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」の双子のツメナシカワウソ「きらり」と「ひらり」(雄、1歳)が1位に輝いた。前回は2頭の父親で今は亡き「ブブゼラ」が優勝。父親の偉業を継ぎ、念願の2連覇を達成した。

カワウソの生態や生育環境に関心を持ってもらおうと、サンシャイン水族館(東京)などが主催。全国から39園館、83頭が参加した。

9月3日―10月14日までの投票期間に38万270票が投じられ、一位のきらりとひらりの獲得票は3万2645票。四回あった中間発表で全て一位を獲得しての完全優勝だった。サンシャイン水族館の「やまと」が二位、伊勢シーパラダイス生まれで仙台うみの杜水族館の「くるり」が三位に入った。

この日は館内で、サンシャイン水族館で開かれた選挙の先行発表イベントを生中継し、二頭もゲスト出演。スタッフや来館者らがモニター前に集まり、一緒に結果発表の瞬間を待った。一位で二頭の名前が呼ばれると、来館者から祝福の拍手が送られた。二頭の優勝パレードや記念撮影も行われた。

飼育員の小野田忍さん(42)は「大きな目標だった父親の票(3万2131票)を超え、一位になったのでうれしい」と喜び、「動く縫いぐるみと言われる愛くるしく天真らんまんな姿が魅力。握手のイベントでお客さんと仲良くなってほしい」と話していた。