「実はわたし…なんです」商店主らの意外な一面紹介

【34枚の写真パネルが並んだ「実はわたし・・・なんです」写真展=市役所で】

【津】津市一身田町の高田本山御影堂と如来堂の国宝指定を機に、一身田商工振興会などが立ち上げた「国宝プロジェクト」は、津市役所七階で「実はわたし…なんです」写真展を開いている。同市出身の写真家浅田政志さんが商店主らを撮影した写真パネル計34枚を展示している。26日まで。

同展は、一身田寺内町や商店街の魅力を伝える目的で開催。作品は、いずれもこの地域の商店主らの意外な一面を切り取っており、饅頭屋を経営する男性が、趣味で自作した小型SLに乗る写真などがある。縦約70センチ、横約50センチのパネルに収めた。

場所を提供した同市商業振興労政課の廣田耕次主幹は「ここにある写真を見て、本人に会いに商店街を歩いてほしい」と話した。