ミュージカルで交通ルール JA伊勢 園児730人、実践交え学ぶ 三重

【手を上げて横断歩道を渡ることを学ぶ園児ら=伊勢市岩渕1丁目で】

【伊勢】園児に正しい交通ルールを身に付けてもらおうと、JA伊勢は18日、三重県伊勢市岩渕一丁目の市観光文化会館で「親と子の交通安全ミュージカル 魔法園児マモルワタル」を公演し、市内の園児約730人が鑑賞した。園児も舞台に上がり、出演者から交通ルールを学んだ。

JAは平成16年から全国で同ミュージカルを公演。JA伊勢管内では27年に始まった。魔法幼稚園に通うマモルワタル君が横断歩道の渡り方や信号機の色の意味などを学ぶストーリー。園児にも舞台に上がってもらい、演者と一緒に交通ルールを学ぶ仕組みになっている。

この日、園児は舞台上に設置された横断歩道のマークがペイントされたシートの上を演者と一緒に進み、横断歩道を渡る際には左右確認をしたり、手を上げながら渡ったりすることを学んだ。