女性活躍推進サミット 来月3日に鈴鹿で開催 三重

【「それぞれ年代が違う3人の話が何かのヒントになるのでは」と話す末松市長=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は同市神戸二丁目の同市男女共同参画センターで、来月3日午後1時―同2時半まで「女性活躍推進サミットin SUZUKA」を初開催。末松則子市長、田中彩子鈴鹿商議所会頭、中道公子市教育長の3人が「誰もが自分らしい未来を選べるまち」をテーマにトークセッションする。15日の定例記者会見で末松市長が発表した。

定員は先着百人。参加無料。希望者は同日から電話やFAXなどで受け付ける。

市は全国で唯一、市と教育委員会、商議所のトップが全員女性のまちであることから、3人がそれぞれの経験を語ることで女性活躍推進につなげるのが狙い。「SUZUKA女性活躍推進連携会議」の取り組みの一環。

末松市長は平成23年5月、田中会頭は同28年11月、中道教育長は同29年4月にそれぞれ就任した。

末松市長は「それぞれ年代が違う3人の話が何かのヒントになるのでは」と話した。

申し込み、問い合わせは男女共同参画課=059(383)3113、FAX059(381)3119=へ。