鈴鹿署 一日所長に北向さん 旭化成キャンペーンガール 三重

【一日署長に就任した北向さん(中央)=鈴鹿署で】

【鈴鹿】三重県の鈴鹿署は12日、全国地域安全運動(11―20日)に合わせて旭化成キャンペーンガールの北向珠夕(きたむき・みゆう)さん(18)を一日署長として委嘱し、鈴鹿市のショッピングセンターで防犯呼び掛けた。

北向さんは青森県三沢市出身。本年度の第43代旭化成キャンペーンガールに抜擢され、女優やモデルとして活躍している。同署管内に同社の鈴鹿製造所があることから一日署長となった。

この日、北向さんに委嘱状とタスキを手渡した瀬古充也署長は「県内でも犯罪が一番多く忙しい警察署。市民の皆さんへの防犯意識高揚と意識作りへの協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

北向さんはショッピングセンターの3カ所で詐欺や空き巣の被害防止を呼び掛けるチラシを配った。来県は2度目といい、「三重は空気がきれいで親しみを感じる。被害者を一人でも少なくしたい」と語った。