四日市 高齢者の孤食対策に 「さんきゅー食堂」オープン 三重

【そろって昼食を食べる参加者=四日市市大宮町の「さろんde志●我野」で】

【四日市】三重県四日市市大宮町の多世代交流施設「さろんde志●我野(しでがの)」内で12日、「さんきゅー食堂」がオープンした。毎月1回、羽津地区内に住む70歳以上の高齢者と要支援1または2の人を対象にお値打ちに昼食を提供する。

高齢者の孤食と引きこもり対策の一つとして、同地区まちづくり推進協議会と生活協同組合コープみえ四日市地域が運営する。

この日は事前に申し込んだ20人が参加。ハンバーグやナムルサラダといった6品のおかずに、ごはんとみそ汁を食べた。

参加した同市大宮西町の井上久さん(82)は「みんなで一緒に食べる食事はやっぱりおいしいね」と笑顔を見せた。

次回は11月9日正午から。参加費は1食390円。定員は30人で、事前に申し込みが必要。申し込み先は同協議会事務局=電話059(331)5333=へ。

※注:●は「氏」の下に「一」