津まつりでごみ拾い JT活動に1500人が参加 三重

【清掃ボランティアの「ひろえば街が好きになる運動」=津市西丸之内で】

【津】津まつり実行委員会と日本たばこ産業(JT)は7日、三重県津市西丸之内のお城西公園近辺と同市大門のフェニックス通りの2カ所で、ごみ拾いをするボランティア活動「ひろえば街が好きになる運動」を開き、子どもから高齢者まで約1500人が参加した。

JTの社会奉仕活動の一環。清掃活動を通して自分たちの街に愛着を持ってもらおうと全国で開いている。津まつりでは平成16年から毎年実施している。

参加者は配られた軍手をはめゴミ袋、トングを持って道路脇のごみや空き缶をごみ袋に入れ、いっぱいになるほど集めた人もいた。

JT津支店の西川雅彦支店長は「いろいろな年代の人たち、特に子どもたちが参加してくれてうれしい」と話した。