熊野原産「新姫」間もなく収穫 「にいひめちゃん」らPR 三重

【今年の新姫と加工商品を紹介するにいひめちゃん=津市本町の伊勢新聞社で】

【津】三重県熊野市原産の香酸かんきつ「新姫」のPR隊が5日、津市本町の伊勢新聞社本社を訪れ、今期の収穫が間もなく始まる「新姫」を紹介した。

訪れたのは熊野市ふるさと振興公社の今西孝典さん(46)とイメージキャラクターの「にいひめちゃん」ら。今期の新姫は例年より若干遅めながら台風の被害もなく実の数は多いといい12日に初出荷、13日から11月下旬まで熊野市内の直売所を中心に販売する。

14日には今春同市紀和町にオープンした「道の駅熊野・板屋九郎兵衛の里」のイベントに合わせて新姫のつかみ取りや新姫ドリンクの振る舞いがあり、生の新姫をメニューに取り入れたうどんが登場する。

現在新姫は熊野市内で25の生産者が栽培し今期の収穫は26トンを見込む。今西さんは「今年はなりもよく喜んでいる。香りも味もいい新姫を味わいにぜひ熊野に足を運んで」と呼び掛けていた。

問い合わせは同公社=電話0597(97)0640=へ。