三重県議会代表者会議 芳野氏陳謝「疑念与えた」 出身校での出馬発言で

【講演の発言について陳謝する芳野議員(手前)=三重県議会議事堂で】

来夏に予定される参院選三重選挙区(改選数1)に立候補を予定している芳野正英県議(43)(新政みえ、1期、四日市市選出)が出身校で講演した際、参院選に出馬する旨の発言をしたことを巡り、芳野氏は3日の県議会代表者会議で陳謝した。

芳野氏は「生徒や保護者、学校関係者、県民に疑念を与えたことに、おわび申し上げる」と陳謝。「自分の目標に向かって挑戦し続ける大切さを話す中で、選挙に挑戦する発言をしてしまった。場所や相手への配慮に欠ける発言だったと反省している」と述べた。

新政みえの津村衛幹事長も「投票依頼でなく、配付した資料も県議の活動を説明する県政レポートで、直ちに公職選挙法に抵触するものではないと判断した」としつつ「事前運動に当たるのではという疑念を抱かせた。芳野氏に厳重に注意した」と陳謝した。

芳野氏の陳謝を受け、今井智広委員(公明党、3期、津市)は「一定のけじめは付けてもらった」、田中祐治議員(自民党県議団、1期、松阪市)は「真摯に受け止めてもらった。誰にでもあり得る行為。われわれも十分に注意すべき」と述べた。

中嶋年規議員(同、4期、志摩市)は、議員個人が発行する印刷物の配布や発言に対する中立性の担保など、公教育の場で講演などをする際のルールを設けることを提案。前田剛志議長は前野和美副議長と相談して対策を検討する考えを示した。

県議らによると、芳野氏は7月9日、県立四日市南高で開かれた同校OB会主催の講演会で、約80人の生徒らを前に「キャリア教育」をテーマとして講演した際、参院選に出馬する旨の発言をした。自民党県議団(13人)や公明党(2人)が問題視していた。