鈴鹿市の障害者雇用率 29、30年度は達成 三重

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は1日、平成29、30年度の障害者雇用率について発表。29年度は2・43%(法定雇用率2・3%)、30年度は2・51%(同2・5%)で、それぞれ達成した。

市によると、9月5日付で県労働局からの依頼で再点検を実施し、28日に報告したという。

報告によると、29年度の職員数は1704・5人で障害者雇用者数は41・5人、30年度の職員数は1727人で障害者雇用者数は43・5人。いずれも障害者手帳の所持で確認した。端数は短時間勤務職員を1人あたり0・5人として計上しているため。