台風24号、今夕三重県に最接近 猛烈な雨、暴風の恐れ

大型で非常に強い台風24号は、勢力を保ちながら列島を縦断し、30日夕方から夜にかけて県内に最接近する見通し。接近に伴い雨や風が強まり、記録的な暴風や高潮となる恐れがあり、津地方気象台では不要不急の外出を避けるなど安全対策を呼び掛けている。

台風24号は29日午後6時現在、与論島の西約50キロの海上を時速25キロの速さで北東に進行。中心気圧950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45キロで、中心から半径東側280―西側220キロが暴風域となっている。

30日は全域で1時間当たり90ミリを超える猛烈な雨が降る見通しで、同午後6時までの24時間の予想雨量はいずれも多いところで北中部300ミリ、南部400ミリ。1日午後6時までの24時間の予想雨量は全域で200―300ミリとなっている。

30日の風の予想は、全域で陸上の最大風速と最大瞬間風速が30メートルと45メートル、海上が40メートルと60メートルとなっており、記録的な暴風となる恐れがある。海上では大しけとなり、南部外海では最大13メートルを超える高波が予想される。

前線の影響で、県内では29日午後から南部を中心に大雨警報を発令。降り始めからの雨量は午後6時40分現在、多い順で尾鷲162・5ミリ▽熊野新鹿152・0ミリ▽御浜144・0ミリ―。午後5時現在、津市や熊野市など41世帯57人が自主避難した。

交通では県管理国道など5カ所が通行止めとなったほか、JRと津エアポートラインや鳥羽市営定期船など海の便が運休を決めた。