台風24号 あす夜、最接近 きょうから非常に激しい雨 三重

大型で非常に強い台風24号は前線を伴いながら列島を北上し、30日夜に三重県内に最接近する見込み。前線が接近する29日午後から非常に激しい雨が降るおそれがあり、津地方気象台は土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水・氾濫や、暴風、高波への警戒を呼びかけている。

台風24号は28日午後5時現在、宮古島の南東約260キロを時速15キロで北西に進行。中心気圧950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートルで中心から半径220キロが暴風域となっている。

同気象台によると、前線の影響により県内では29日午後から局地的に雷を伴う1時間当たり60ミリを超える非常に激しい雨が降り、いずれも多いところで29日午後6時までの24時間の予想雨量は北中部90ミリ、南部120ミリ、30日午後6時までの24時間の雨量は北中部200―300ミリ、南部300―400ミリとなっている。

また暴風域に入ることで30日は海上を中心に30メートル以上の猛烈な風が、陸上でも25メートル以上の非常に強い風が吹くおそれがある。30日夜は満潮とも重なることから、高潮にも警戒する必要がある。