「頑張る姿見て」 障害者ら弁当など販売 市役所で津マルシェ 三重

【障害者支援事業として毎週木曜日に開かれている津マルシェ=市役所で】

【津】三重県内の障害者就労継続支援施設がつくる県社会就労センター協議会が27日、市役所の1階で、津市内の障害者就労継続施設が手づくりの弁当やアクセサリーを販売する障害者就労支援事業「津マルシェ」を開いた。

障害者の働く意欲の向上と、障害者への正しい認識をしてもらうため、平成28年から開催。現在は毎週木曜日に市役所の1階で開かれている。

各施設から参加した15人が、手づくりの春巻き弁当やサンドイッチ。ボタンや手組み紐などのアクセサリーなどを職員や来客に販売した。

参加者の一人、辻夕貴さん(32)は「障害のある方が頑張っている姿を見てもらえる良い機会だと思う」と話した。