郷土の風景、中学生が描く 松阪 道の駅で飯高中絵画展 三重

【飯高中学校2・3年生の絵画作品展「私たちの飯高の風景」=松阪市飯高町宮前の飯高駅で】

【松阪】飯高中学校2・3年生の絵画作品展「私たちの飯高の風景」がこのほど、三重県松阪市飯高町宮前の道の駅「飯高駅」内「飯高茶屋」展示スペースで始まった。会期は10月16日まで。観覧無料。

宮前まちづくり協議会が地元の中学生に郷土の風景に関心を持ってもらおうと同中学校に制作を依頼した。展示会は2度目となる。

飯高を流れる櫛田川や沈下橋、櫛田川沿いの国道166号や田引トンネル、水屋神社の大クス、国分け伝説の史跡「礫石」など飯高を代表する風景を水彩画41点に描いている。