JR名松線 警報器作動で一時運転見合わせ 三重

【津】24日午前10時半ごろ、三重県津市美杉町内のJR名松線で落石を知らせる警報器が作動。家城駅―伊勢奥津駅間の上下線で約4時間にわたって運転を見合わせた。

JR東海によると、警報器の作動を受けて線路を点検したが、落石は見当たらなかった。上下線の計4本が部分運休、下り1本が1時間50分遅れ、約60人に影響した。