四日市 元Jリーガー小倉さんらサッカー教室 小学生ら基本動作学ぶ 三重

【児童らを前に話す小倉さん=四日市市日永東一丁目の四日市市中央緑地公園陸上競技場で】

【四日市】明治安田生命四日市支社(福谷充広支社長)主催の小学生サッカー教室が23日、三重県四日市市日永東1丁目の四日市市中央緑地公園陸上競技場であり、元Jリーガーで前名古屋グランパス監督の小倉隆史さんらが98人の児童を指導した。小倉さんら講師陣は子どもたちに声を掛けながら、サッカーの基本動作や技術を伝えていた。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とタイトルパートナー契約を締結している同社は、リーグ戦の名称に社名を冠するとともに、全国各地で小学生向けにサッカー教室を開いている。

この日は昨年から日本フットボールリーグ(JFL)で戦うヴィアティン三重(桑名市)の主催試合で同支社がマッチデースポンサーを務め、ホンダFC(静岡県)戦に先立ってセレモニーも行われた。

セレモニーでは同社の梅崎輝喜常務らがあいさつ。試合は0対4でヴィアティン三重が敗れた。