真っ赤なヒガンバナ見頃 亀山「史跡・野村一里塚」 三重

【ムクの木の周辺に咲き誇るヒガンバナ=亀山市野村町の「史跡・野村一里塚」で】

【亀山】三重県亀山市野村町の旧東海道沿いにある国指定「史跡・野村一里塚」で、今年も真っ赤なヒガンバナの花が一面に咲き誇り、見頃を迎えている。

江戸時代初期、当時の将軍「徳川家康」が東海道を往来する旅人のために、距離の目安として築いた「野村一里塚」にそびえ立つ樹齢約400年のムクの木の周辺に咲く「ヒガンバナ」。

地元住民によると、誰かが植えたものでもなく、いつの頃からか自然に増え続け、写真を撮りに訪れる人もいるという。