伊勢神宮 柴咲コウさん楽曲奉納 和楽器に合わせ歌う 三重

【「月のしずく」を歌う柴咲さん=伊勢市の伊勢神宮内宮で】

【伊勢】女優で歌手の柴咲コウさんが19日、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮の参集殿奉納舞台で、ヒット曲「月のしずく」を歌い奉納した。

柴咲さんは、映画やドラマで女優として活躍。音楽活動にも取り組み、楽曲のリリースを続けている。また環境に関心を寄せ、7月に、国立公園の魅力などをPRする環境省の「環境特別広報大使」に就任。伊勢志摩国立公園に位置する伊勢神宮で、楽曲を初奉納した。

奉納した「月のしずく」は、平成15年に映画の主題歌としてリリースされ、柴咲さんが長く大切にしている曲という。舞台に立った柴咲さんは、三味線や琴など和楽器の演奏に合わせて歌い上げ、居合わせた参拝者たちが、会場に響く歌声に聞き入っていた。

柴咲さんは奉納に先立ち、「歌の奉納は名誉なこと。神宮は、環境に関しても学ぶべきことがたくさんある場所。式年遷宮に象徴されるサスティナブル(持続可能)な空間で、心を込めて歌わせていただく」とコメントした。