三重、いなべに逆転サヨナラ勝ち 秋季高校野球県大会8強出そろう

来年春の選抜高校野球大会につながる秋季東海地区高校野球県大会第2日は16日、四日市市営霞ケ浦球場などで2回戦8試合があり、三重、海星、菰野、伊勢工、近大高専、木本、暁、津田学園がベスト8に進出した。

三重はいなべ総合に逆転サヨナラ勝ちした。3―5で迎えた九回裏3点を加えて逆転した。

菰野は津商に8―1の七回コールド勝ち。2年生右腕岡林勇希が完投し、打っても本塁打1本、二塁打2本の活躍を見せた。

木本は伊勢を延長11回、6―5で下した。津田学園は松阪商を10―3の七回コールドで退けた。

準々決勝は22日、県営松阪、ダイムスタジアム伊勢である。対戦カードは次の通り(試合開始予定時刻は①午前10時②午後0時半)
【松阪球場】①海星―近大高専②菰野―木本
【ダイムスタジアム伊勢】①暁―三重②伊勢工―津田学園