鈴鹿 遊布フレンズが創作展 和布のバッグなど200点

【「遊布フレンズ創作展」と(左から)山本さん、木村さん、早苗さん=鈴鹿市西条9丁目の「KIDS P.E.」で】

【鈴鹿】三重県北勢地域の手作り作家5人の「遊布フレンズ創作展」が5日、鈴鹿市西条九丁目の体育・スポーツ教室「KIDS P.E.」(早苗久美主宰)で始まった。10日まで。

5人は山本広子さん(74)=同市平田=、木村伸子さん(69)=四日市市小杉新町=、糟谷友理さん(69)=津市河芸町=、早苗ケイ子さん(70)=同=、小林加代子さん(70)=亀山市みどり町=。友人同士で、普段は個々で創作活動に励んでいるという。

会場には和布のバッグや洋服、オーガンジーの小物入れ、陶製のネックレスなど、秋らしい落ち着いた色合いの力作約200点が並ぶ。販売もしている。

代表の木村さんは「仲のいい5人がそれぞれの個性を生かして作った作品ばかり。手作りの良さを感じてもらえれば」と話していた。

期間中同教室では6日イスヨガ、7日バランスボール、10日棒ビクスのシニア向け無料体験会を実施。時間はいずれも午前11時―同40分。問い合わせは同教室=電話059(389)5773、090(1473)7339=へ。