女性陸曹、当直勤務怠る 陸自明野が減給処分 三重

【伊勢】当直勤務を怠ったとして、伊勢市小俣町明野の陸上自衛隊明野駐屯地は31日、同駐屯地に所属する中部方面管制気象隊の三等女性陸曹(25)に減給15分の1、1カ月の懲戒処分をしたと発表した。

駐屯地によると、女性陸曹は昨年1月28日、女性隊舎の当直勤務中に無許可で持ち場を約2時間半離れた。当日駐屯地内で開かれていた航空機の体験搭乗会に参加していたという。女性陸曹が体験搭乗の様子を会員制交流サイト(SNS)に投稿し、発覚した。

女性陸曹は航空機の離着陸を管制する部署におり、駐屯地側の聞き取りに対し「(自分に)航空機の搭乗体験がなかったので、体験搭乗をすることで航空管制の仕事に役立てたかった」などと話したという。