尾鷲病院 50代女性主幹がパワハラ 市が減給処分 三重

【尾鷲】三重県尾鷲市は31日、部下の女性1人に対しパワーハラスメントをしたとして、市立尾鷲総合病院栄養管理部の50代女性主幹を9―11月の3月、減給(給料月額の10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。モラハラやセクハラなど各種ハラスメントに対する懲戒処分は同市で初めて。

市によると、今年5―7月、職員は女性の業務上のミスに対して、身体的な特徴や人格を否定するような発言を繰り返し行い、適正な範囲を超える指導を行った。

女性が5月末、病院総務課に相談して発覚。市は幹部でつくる服務審査会を開くなどし、調査してきた。職員は女性に謝罪し、反省しているという。

懲戒処分に対し、市は「各種ハラスメント研修等を実施することで公務員倫理を再認識し、市政への信頼回復と再発防止に努めたい」などとするコメントを出した。