鳥羽商議所 城山公園にモニュメント設置 新たな撮影スポットに 三重

【市役所裏の城山公園に登場した「♡(ハート)TOBA」のモニュメント=鳥羽市鳥羽3丁目で】

【鳥羽】三重県の鳥羽市役所周辺の市街地を活性化させようと、鳥羽商工会議所の若手会員でつくるまちづくり委員会「鳥羽リノベーション委員会」は29日、市役所裏の城山公園に「♡(ハート)TOBA」のモニュメントを設置した。

モニュメントは繊維強化プラスチック製で、高さ約2メートル、幅12メートル、奥行1メートル。公園は鳥羽湾を見下ろす高台にあり、近鉄鳥羽駅などがある国道側から見えるため、委員会は観光客の新たな撮影スポットになることを期待している。

阿部康之委員長(44)は「モニュメントに関心を持った多くの人に市街地を周遊してもらいたい」と話している。

また、委員会は画像・写真共有アプリ「インスタグラム」を使ったフォトコンテスト「鳥羽撮ったりましょか」を開催しており、コンテストの被写体としてモニュメントが活躍することも期待している。

コンテストでは、参加者が市街地の風景や料理、人などを撮影し「#トバトリ2018」のハッシュタグを付けてインスタグラムに投稿するだけでエントリーが完了する。街中にあるハートの形をした被写体を撮影する「#トバトリハート」部門もある。いずれの部門も最優秀賞の賞金は10万円。投稿期間は10月8日まで。