愛らしいネコ 25作家の絵画や陶芸 四日市で「くびったけ展」 三重

【ネコをモチーフにした多彩な作品が並ぶ会場=四日市市安島の山画廊で】

【四日市】ネコをモチーフにした作品ばかりを集めた「猫にくびったけ展」が、三重県四日市市安島の山画廊で開かれ、県内外からネコ好きが訪れている。9月2日まで。

同展は2年に1回のペースで開き、今回で4回目となる。全国から25作家が参加し、絵画、版画、陶芸、布製品、彫金や七宝のアクセサリーなど計約150点を展示、販売している。

ネコのリアルな毛並みを再現した陶人形や、愛らしい表情のぬいぐるみなども並ぶ。壁に掛かるネコの顔の形をした「クリアグラフ」は、埼玉県の作家が独自に手掛ける。アクリル板を使用し、目玉が動くユニークな仕掛けもある。

画廊のオーナー山弘之さんは「お気に入りのネコを探しに来て」と呼び掛けていた。