盆踊りや夜店に1万人 四日市 三菱ケミカル納涼祭 三重

【勇壮な太鼓演奏を披露する諏訪太鼓保存会メンバー=四日市市東邦町の塩浜グラウンドで】

【四日市】三重県四日市市東邦町の三菱ケミカル(旧三菱化学)四日市事業所(上南善生事業所長)は22日夜、同所の塩浜グラウンドで「三菱ケミカルグループ納涼祭」を開いた。従業員や地域住民ら約1万人が盆踊りや夜店を楽しんだ。

諏訪太鼓保存会の勇壮な演奏でオープニング。鈴木英敬知事が祝辞を寄せた。市公式キャラクター「こにゅうどうくん」も登場し、やぐらの上から菓子をまいて会場を盛り上げた。新田みかんさんの尺八ライブ、JFL所属のヴィアティン三重のPRステージもあった。

同グループの金魚すくいやくじ引き、輪投げ、飲食などの夜店45店が軒を連ねた。会場中央のやぐらを囲んで、踊り愛好会「みつみ会」のメンバーがそろいの浴衣で、「塩浜音頭」や「炭坑節」などを踊り、家族連れらが踊りの輪を広げていた。

上南事業所長(60)は「地元の理解と信頼があっての企業。地域交流でより一層理解を深め、共存共栄を目指したい」と語った。