土のう袋で備え 台風で尾鷲市 住民に提供 三重

【土のう袋を運ぶ市職員=尾鷲市防災センターで】

【尾鷲】台風20号に備えるため、三重県尾鷲市では土のう袋を無料で提供している。市防災センターには朝から住民が土のう袋を取りに来ており、台風の準備に備えた。

市防災センターでは台風などの災害に備え、約1600個の土のう袋を保管している。

同市矢浜の60代女性は「すごい雨と聞いたので万が一に備えるため取りに来た。自宅の玄関前に置きたい」と話した。