全国初の民間施設直結IC 国交省 多気町長に連結許可書 三重

【連結許可書を示す久保町長(右から3人目)と石井大臣(同4人目)ら=国土交通省で(多気町提供)】

【多気郡】国土交通省の石井啓一大臣は23日、同省で三重県の久保行央多気町長に「多気スマートインターチェンジ(IC、仮称)」の連結許可書を手渡した。同町に計画する複合レジャー施設「アクアイグニス多気」と伊勢自動車道を結ぶ。民間施設直結スマートICは全国初。2020年の施設開業に合わせ開通する見通し。

アクアイグニス多気はイオンタウンやロート製薬などが出資する運営会社「三重故郷創生プロジェクト」が計画。薬草温浴施設や宿泊施設、レストランなどが入る。

スマートICは自動料金収受システム(ETC)専用。伊勢道上り線の出口に設ける。高速道路と施設をつなぐ道路を運営会社が整備し、自治体に無償譲渡する。料金所の整備と管理は中日本高速道路会社が担う。

久保町長は「スマートICは観光客誘致に大きな効果をもたらす。地域経済の活性化に機能する交通拠点として大きな期待をしている」とコメントした。