三重県 インターハイの知事コメント訂正 入賞数に誤り

三重県は21日、県内で開かれていた全国高校総体(インターハイ)の閉幕に対する鈴木英敬知事のコメントを訂正した。県勢の入賞数が誤っていた。

県によると、鈴木知事は「県勢の入賞数は51で昨年の32を大きく上回りました」とするコメントを出したが、今年の正しい入賞数は52だった。

原因は県職員の集計ミス。担当者が21日、集計の結果と県高体連の報告を照らし合わせて誤りに気付いた。「なぎなた」の入賞が抜けていたという。

県競技力向上対策課は「インターハイの開催中から入賞数を集計していたが、誤りに気付かなかった。掲載前の最終確認もしていなかった」としている。