伊勢神宮を学びながら参拝 子ども向け外宮ガイド開始 三重

【神職の案内で神域を巡る参加者ら=伊勢市の伊勢神宮外宮で】

【伊勢】三重県伊勢市の伊勢神宮外宮で20日、神職が案内する子ども向けのガイド「外宮さんをもっと知ろう」が始まった。

小学校高学年―中学生とその家族を対象に初めて実施。初日は、県内外の23人が参加した。

参加者らは、神職から参拝前に心身を清める手水の作法を教わり実践。参道を進み、外宮にまつられる豊受大神(とようけのおおみかみ)や神宮の祭典、神宮の建物の特徴などについて解説を聞き、正宮を参拝した。神域内にある「多賀宮」など3つの別宮も参拝し、約1時間かけて巡った。

福岡市から家族と観光で訪れた中学2年生野田結衣子さん(14)は「神宮は空気が違う感じがした。説明を聞き、学びながら参拝できてよかった」と話していた。

ガイドは25日まで、午前10時から実施。参加は無料で、外宮勾玉池休憩所で受け付け。荒天時は中止。

問い合わせは外宮のせんぐう館=電話0596(22)6263=へ。