津 井村屋が初の大規模見学会 点心・デリ工場を公開 三重

【中華まんの生産工程を見学する報道関係者ら=津市高茶屋7丁目の井村屋グループ本社で】

【津】菓子メーカー井村屋グループとコンビニ大手ファミリーマートは20日、21日からの中華まんの発売に先立ち、商品の製造工程を報道関係者に公開した。井村屋が大規模な工場見学会を実施するのは初めて。約40人の報道関係者が見学した。

報道関係者は三重県津市高茶屋七丁目の井村屋本社にある点心・デリ工場を見学。井村屋社員らの案内で、材料を機械でこねて生地を作る工程や、薄く伸ばした生地で具材を包む工程など5つの生産工程を見て回った。参加者は蒸し時間や保存方法などを尋ねていた。

井村屋は約20億円を投じ、点心・デリ工場を新設。商品の生産能力が向上し、焼き中華まんなど新商品を生産できるようになった。昨年7月から稼働し、1日当たり約80万個を生産する。これまで報道向けに大規模な工場見学会を実施したことはなかった。