高校総体 四日市出身・谷口が水泳100平V 水球・四中工は4強逃す

全国高校総合体育大会(インターハイ)は19日、三重県鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿水泳場などで水泳(競泳、飛び込み、水球)があった。県勢は水球準々決勝で、県代表の四日市中央工が前年度優勝校の秀明英光(埼玉)に12―13で敗れてベスト4進出を逃した。

四中工は8―12で迎えた最終第4ピリオドで1点差に迫ったがあと一歩及ばなかった。

競泳では男子100メートル平泳ぎ決勝で、四日市市出身で東京・日大豊山高2年の谷口卓が1分1秒12で優勝した。