中学生ら採血に緊張 伊勢赤十字病院 医療の現場体験 三重

【放射線技師にCTの使い方を教わる生徒ら=伊勢市船江の伊勢赤十字病院で】

【伊勢】看護師や医師など医療関係の仕事に触れる「医療の現場体験ツアー」が17日、伊勢市船江の伊勢赤十字病院で開かれ、三重県内の中学生73人が参加した。

医療職に関心を持ってもらおうと毎年開いている。

生徒たちは白衣を身に着け、グループに分かれ病院内を回った。放射線科では、放射線技師らに教わりCT(コンピューター断層撮影)の使い方やコンピューターを使った画像処理を体験。

採血体験では、生徒が実際の注射器と練習用の人形を使って挑戦。看護師に「太くて弾力のある血管を探して」などとアドバイスを受け、緊張した様子で採血した。

玉城町の玉城中学3年藪本紗知さん(14)は「採血はとても緊張した。大変な仕事だと思うけど、看護師になりたい」と話していた。