1万発、夜空彩る 熊野大花火に17万人 三重

【熊野灘を彩る花火=熊野市で】

【熊野】1万発の花火が熊野灘と夜空を彩る夏の風物詩「熊野大花火大会」(三重県熊野市、市観光協会主催)が17日夜、同市の七里御浜海岸一帯で開かれ、訪れた17万人(主催者発表)を魅了した。

色とりどりの花火が夜空を彩り、故人を悼む追善花火も。直径600メートルの半円が熊野灘に広がる三尺玉海上自爆には歓声と拍手が起きた。フィナーレを飾る鬼ケ城大仕掛けが大迫力の光と爆音で観客を楽しませた。