鈴鹿・男性死体遺棄事件 妻と交際相手を再逮捕 三重県警、殺人と殺人未遂容疑で

三重県鈴鹿市稲生塩屋一丁目の住宅駐車場に停めてあった軽ワンボックス車内で5月、この家に住む解体作業員横山麗輝さん(25)が遺体で見つかった事件で、県警捜査本部は15日、麗輝さんの殺害に関与したとして、死体遺棄容疑で逮捕していた麗輝さんの妻で飲食店経営横山富士子容疑者(46)と、その交際相手の鈴鹿市住吉二丁目、会社員上山真生容疑者(29)=同日付で処分保留で釈放=を殺人と殺人未遂容疑で再逮捕した。

また、犯行直前に麗輝さんの自宅で麗輝さんを襲撃したとして、2人に加えて富士子容疑者の実母の無職横山愛子容疑者(69)=鈴鹿市稲生塩屋二丁目=を殺人未遂容疑で逮捕した。

逮捕容疑は同日午前1時15分ごろから同4時55分ごろまでの間、2人で共謀して富士子容疑者が経営する鈴鹿市道伯町のスナック「Momo」で、麗輝さんの首をひも状の物で締め、頸部圧迫により窒息死させた疑い。また、その直前の13日午前0時15分ごろ、3人で共謀して麗輝さんを殺害しようと企て、麗輝さんの自宅で暴行を加えた疑い。

捜査本部は3人の認否を明らかにしていないが、2人の交際と麗輝さんとの離婚を巡るトラブルが背景にあったとみて、詳しい犯行動機などを調べている。

捜査関係者によると、麗輝さんは自宅で襲撃を受けたが逃走し、自分の車で富士子容疑者のいるスナックに向かったとみられる。その後店内で殺害され、上山容疑者が運転する麗輝さんの車で自宅まで遺体を運搬、遺棄されたとみている。

これまでの調べでは、自宅やスナック店内で麗輝さんの血痕が見つかったほか、店周辺の防犯カメラの映像に麗輝さんの車を運転する上山容疑者とみられる姿が確認されていた。

麗輝さんの遺体からは睡眠薬の成分が検出されていること、また遺体発見時に首に巻かれているのが見つかった延長コードが凶器とみて矛盾はないことなどから、何らかの方法で睡眠薬を摂取させられた後に首を絞めて殺害されたとみて、詳しい状況を調べている。

同事件を巡っては5月13日午前5時55分ごろ、麗輝さんの義理の息子(25)が車内後部座席で首に延長コードを巻かれた麗輝さんの遺体を発見し、一一〇番した。捜査本部は麗輝さんの遺体を遺棄したとして、7月24日に死体遺棄容疑で2人を逮捕していた。