西日本豪雨 三重県が「DHEAT」初派遣 健康支援チーム、広島県呉市へ

西日本豪雨を受け、三重県は17―24日まで広島県呉市に保健医療の情報収集や関係機関との連絡調整をする「災害時健康管理支援チーム(DHEAT)〈ルビ・ディーヒート〉」を派遣する。被災地で保健医療の指揮・調整にあたる。DHEATの派遣は初めて。

DHEATは3月に新設された制度で、県内からは初めて出動する。先行して活動する北海道のDHEATから業務を引き継ぐ。広島県が厚生労働省を通じて派遣を要請。今回は県医療保健部から医師1人、保健師2人、薬剤師1人の計4人が呉市に向かう。