アマゴつかみに歓声 大紀町 親子ら300人楽しむ 三重

【アマゴをつかんで喜ぶ子どもら=大紀町崎の三ケ野川で】

【度会郡】三重県大紀町崎の大内山川支流、三ケ野川で14日、「アマゴつかみ大会」があり、約300人の家族連れらでにぎわった。

ふるさとの自然と触れ合い、川に親しみを持ってもらおうと、大内山川漁業協同組合紀勢支部(里村康広支部長)が主催。6回目の今年は、体長20―30センチのアマゴ1000匹と天然ウナギ5匹を放流した。

川を4つに区切り、幼児―大人が年代別に分かれて川に入った。子どもらは始まりの合図とともに夢中になって魚を追い掛け、アマゴを両手でつかむと歓声を上げて喜んだ。絵が描かれた石を見つける宝探しもあった。

京都府から家族で帰省した村田千香さんは「たくさん魚がいて楽しめた。子どもも喜んでいた」と話していた。