若者集う古書店に 尾鷲・九鬼町でオープン 文庫や児童書、洋書2000冊 三重

【古書販売店「トンガ坂文庫」を開業した豊田さん(右)と本澤さん=尾鷲市九鬼町のトンガ坂文庫で】

【尾鷲】三重県尾鷲市九鬼町に古書販売店「トンガ坂文庫」がオープンした。文庫本や児童書、洋書などがあり、運営に携わる集落支援員の豊田宙也さん(32)は「若い人たちが九鬼町に遊びに来るきっかけになれば」と期待を込める。

本屋は築80年以上の木造平屋建ての空き家を改修した。20平方メートルの店内には、豊田さんが持参した本のほか、知人に寄付してもらったり仕入れたりした約2千冊の本が並ぶ。価格は百円から8千円ほど。読書用の椅子も用意されている。

店名にある「トンガ」は地元では「大風呂敷を広げる」という意味があり、本屋に向かう石畳の坂を地元の人は「トンガ坂」と呼んでいるため、親しみを込めて名付けた。

豊田さんは同市の元地域おこし協力隊員。本好きということもあり、協力隊だった3年前から古本屋開業の構想を始め、地元の職人や友人の協力を得ながら改修工事を行った。

運営するのは東京都から同町に移住した本澤結香さん(32)。本澤さんは4年前に東京のNPO法人が運営する地域課題を解決するプログラム「地域イノベーター留学」に参加し、同市を訪れた。同プログラム終了後も東京と同市を行き来し、2年前から同町に住んでいる。

九鬼町は市街地から車で約20分ほどの場所にある。ブリ漁が盛んな町だが、人口436人、高齢化率は66・1%(8月1日現在)。本屋を始めた背景には、若い人たちが同町に気軽に訪れる場所をつくりたいという思いもある。

豊田さんは「町も生きものと同じ。無いものを自分たちの手でつくることで面白い町になる」と話した。

営業日は金土日。時間は午前11時―午後5時。

問い合わせはトンガ坂文庫=電話070(4340)2323=へ。