三重県 産廃収集許可取り消し 四日市の運送会社、野焼きで

自社の敷地内で野焼きをしたとして、三重県は8日、四日市市曙町の運送会社「三糧輸送」(川北正社長)の産業廃棄物収集運搬業許可を取り消した。

県によると、同社は4月4日、亀山市内の営業所で木製パレットや紙などを燃やした。近くの林に燃え広がって火災となり、消防も出動したという。

同社は県の聞き取りに「以前から野焼きをしていた」と認めたことから、県は廃棄物の焼却を禁止する廃棄物処理法に反したと判断し、許可を取り消した。