SNS映え? 三重テラスに〝植物園〟 つデイ、赤塚がディスプレイ

【夏の植物の前で写真を撮る参加者の親子連れ=東京・日本橋の三重テラスで】

津市の文化や観光などの魅力を発信する「つデイ」がこのほど、東京・日本橋の三重テラスで開かれ約580人が来場した。「ようこそ みどりの空間へ」と題して、津市高野尾町に本社のある赤塚植物園の協力のもと同市のPRを行った。会場内はタイタンビカスなどの夏の植物でディスプレイされ、その植物の中で写真を撮り、フェイスブックやツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)に投稿しやすいようなフォトコーナーの設置や、コーヒーの苗木を使って作るアレンジ体験を行った。また、同社で販売している健康飲料パイロゲンを使ったシロップをかけたかき氷の試食や同市美杉町のお茶の振る舞いなども行い、多くの来場者に涼を取ってもらいながら楽しませた。

台東区から来ていた70代の女性は、「今日は特に暑いので、かき氷をいただけるのはうれしい。タイタンビカスもきれいで、まるでオアシスの中にいるよう。」と語った。

同社の末崎雅和さんは、「暑い中、こんなにたくさんの方々にお越しいただき感謝している。アレンジ体験やフォトコーナーも好評で、夏の良い思い出になればうれしい。」と語った。