三重県 「いじめ防止サポ」募集 学校などへ情報提供

【ぶら下がり会見で「いじめ防止応援サポーター」への応募を呼び掛ける鈴木知事=三重県庁で】

鈴木英敬三重県知事は六日のぶら下がり会見で「いじめ防止応援サポーター」を募集すると発表した。いじめを発見した場合に学校などへ情報提供するなど、いじめの防止に向けた取り組みに協力する。6
県内の事業者や団体、個人が対象。「いじめ問題を社会総掛かりで克服する」と定めた県いじめ防止条例に基づき、初めて募集する。11月1日に開く「県いじめ防止フォーラム」までに百人の登録を目指す。

サポーターには学校などへの情報提供に加え、いじめ反対をアピールする「ピンクシャツデー」や、子どもたちを対象とした出前講座での啓発など、いじめ防止の活動に参加してもらうことも想定している。

鈴木知事は「子どもたちへのアンケートでは、大人に見ないふりをしないでほしいという意見が寄せられている。大人が一生懸命に取り組んでいるというメッセージを目に見える形で送りたい」と述べた。

県のホームページなどで申込書を入手し、必要事項を記入して県教委生徒指導課に届ける。メールや郵送、ファクスでの送付も可能。問い合わせは同課=電話059(224)2372=へ。