温暖化防止へ再生エネを 津で考える会、気象予報士・酒井氏が講演 三重

【講演する酒井氏=津市白山町二本木の白山総合文化センターで】

【津】三重県内の経済団体などでつくる「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」(小林長久会長)は4日、津市白山町二本木の白山総合文化センターで、地区別講演会・津を開いた。気象予報士の酒井千佳氏が中勢地域の商工会会員ら約80人を前に「これからの地球温暖化とわたしたちの未来」と題して講演した。

同会は低炭素社会を実現するため、毎年県内3カ所でエネルギーや環境問題をテーマにした講演会などを開いている。

酒井氏は講演で「今年は全国で最高気温40度以上が当たり前のように出ている。昨年までは『40度を超えることはないだろう』と思っていたはず」と指摘。「今年だけを見ても、異常気象が起こっている。異常が異常ではない状況」と述べた。

その上で「地球温暖化で極端な気温や破壊的な台風の発生が懸念される」と強調。地球温暖化は温室効果ガスの排出量の増加が原因とし、温室効果ガスを減らすために再生可能エネルギーを利用することや異常気象に備えて防災対策に取り組むことを提案した。

酒井氏は兵庫県出身、京大工卒。北陸放送・テレビ大阪でアナウンサーを務めた。気象予報士の資格取得後、平成24年からフリーアナウンサーに。