「神々しく新鮮な空気を感じるいいところ」 マルタ共和国大使が来勢 三重

【鈴木市長を訪問したアンドレ・スピテリ大使=伊勢市役所で】

【伊勢】欧州の島国マルタ共和国のアンドレ・スピテリ大使が2日、三重県の伊勢市役所を訪れ、鈴木健一市長にマルタと伊勢市の継続的な文化交流を呼び掛けた。

訪問のきっかけは、6月にマルタであった国際青少年音楽祭に同市の伊勢少年少女合唱団が参加したこと。音楽祭では、伊勢の子どもたちがマルタの合唱団と共演したり、ホームステイなどを通じて交流した。来年は、マルタの合唱団を伊勢に招く予定だ。

初めて伊勢を訪れたスピテリ大使は、二見興玉神社に立ち寄り、伊勢うどんも味わったといい「神々しく新鮮な空気を感じるとてもいいところ」と印象を述べた。

日本からマルタへの留学生が増えていることなどを紹介し、「両国間のドアの鍵を開けるのが自分の役割。交流の橋渡しのために尽くしたい」「伊勢との文化交流も継続していきたい」と語った。

スピテリ大使は、安倍晋三首相との首脳会談に臨んだマルタのジョゼフ・ムスカット首相の外交団として来日した。大使は3日間、伊勢に滞在し、伊勢神宮やこども園の訪問、合唱団員との交流や開催中のインターハイの見学などを予定している。