働きやすい職場づくり学ぶ 亀山市雇用対策協議会 新規採用者ら交流会 三重

【講演する長谷川事業課長(中央)=亀山市役所で】

【亀山】三重県の亀山市雇用対策協議会(小畑田竜也会長)は2日、市役所で平成30年度「新規採用者等交流会」を開き、市内5事業所から新規採用者と2年目社員計20人が参加した。

同協議会は亀山商工会議所と市内46事業所が加盟。交流会では県男女共同参画センター「フレントみえ」の長谷川峰子事業課長が「だれもが働きやすい職場づくり」と題して講演し、「仕事と私生活がお互いよい効果を生むワークライフバランスと人とのコミュニケーションが重要」と促した。

リケンテクノス三重工場(同市菅内町)入社1年目、総務課配属の瀬川理紗さん(23)は「職場も明るく、自分の意見も聞いていただける環境で、毎日働くことが楽しい」と話していた。