皇太子さま、高校生と交流 鳥羽商船高専を見学 三重

【生徒らが製作したロボットを見学される皇太子さま=鳥羽市池上町の鳥羽商船高専で】

【鳥羽】三重県伊勢市の県営サンアリーナであった全国高校総体(インターハイ)の総合開会式に出席した皇太子さまが1日、鳥羽市池上町の国立鳥羽商船高等専門学校を訪問し、生徒らと交流された。

制御情報工学科5年の河口祭さん(19)ら4人の生徒が映像やパネルを使い、日頃の学習成果を紹介。河口さんは学生チームが開発した、養殖魚に自動的に給餌する人工知能(AI)システムを説明し、「取り組みを聞いていただける経験は一生に一度。ありがたいです」と話していた。

電子機械工学科5年の嶋田悟空(さとり)さん(19)らは昨年の「全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)」全国大会に出場したロボットを披露。皇太子さまは生徒らが操作する2台のロボットを楽しそうに見学した。

嶋田さんは皇太子さまに「今年も大会はありますか」と尋ねられ、「今、製作中です」と答えると、「頑張ってください」と激励されたと話していた。